秋冬の野菜、
キャベツやブロッコリー
白菜やカリフラワーなど
近年はプラグトレーで播種・育苗する方が
大変多くなっていますね。

プラグトレーで播く時に
種を落とす穴をあけます。
指や箸など様々なやり方で
皆さん穴をあけて
種を落として播種しています。

そんな面倒な穴開け作業を
簡単かつ均一に穴をあけることができる
「穴押器」を今回はご紹介します!



「穴押器」はプラグトレーの
ちょうど半分の大きさで
1トレーで2回の穴押し作業が必要となります。

2回押すのは効率が悪く思えますが
トレー1枚全部を1度に押す穴押器よりも
力が分散せずに
より均一に穴をあける事が出来ます。

20100809-s_DSC05947.JPG

また上の写真のように
取っ手がついていますので
力も伝わり易く
穴も押しやすいです。

20100809-s_DSC05934.JPG

三角形の突起が
ちょうど良い播き穴を
押すだけで作ってくれます。

規格は72穴・128穴・200穴はもちろん
お使いのプラグトレーに合わせた
特注規格もできます。


ご興味ある方、お求めご希望の方は
お手数ですが弊社まで
電話・FAX・メール等でお問い合わせください。
よろしくお願いします。