2019/05/02
2019年 春野菜苗 GWも営業中!唐辛子苗のご紹介

5月から新元号「令和」の時代の幕が上がり、世間はお祝いムードと10連休のGW中ですが、弊社はGW中も営業しております。

野菜苗の品種数は一番多く並んでいると思います。ご興味あります方はお休みの合間にお気軽にお立ち寄りください。

そんな苗の中から今回は「唐辛子」をご紹介します。

弊社では唐辛子と言うと「タカのツメ」・「長唐辛子」が主流で昔から販売しておりますが昨今は変わり種の唐辛子もおいております。

辛さも形も大きさも様々な唐辛子5品種を取り揃えております。

(※数量限定ですので売り切れたら販売終了です。)

ネーミングは変なものばかりですが「牛角大王」と言うこの品種は

果形18cm近くと長く大きい品種です。辛さは2辛です。

ピリッとした辛さだけでなく、食べごたえもあります。

こちらも2辛の「感激アミーゴ」と言う品種です。

生でも、乾燥させても楽しめる果形17cm前後のメキシカン唐辛子です。

お次は0.5辛とマイルドな「ビキーニョ」と言う品種です。

形は独特な形で、ブラジルで定番のピクルス野菜との事です。

3cm前後とかわいらしい唐辛子です。

お次も変な名前の「魔女の杖」と言うひも唐辛子と言われる品種です。

細身で20cm前後と長いです。辛さは1辛なのでちょい辛品種です。

最後の二つは「インドジン・ウソツカナイ」と言うふざけた名前の品種と辛さの王様「ハバネロ」です。

どちらも5辛で辛さマックスです。

形と大きさが違いますが大辛の2品種、辛いのが好きな方はぜひチャレンジしてみて下さい。

2019/01/28
種屋のできること

 

今年は暖冬傾向で進んでいましたが、この頃は朝晩冷え込む日が増えましたね。

野菜は安く農家さんは困りますが、冬の露地野菜は寒さに耐えて野菜は一段とおいしいですね。

弊社では一昨年前から依頼を受けて農福連携事業のお手伝いをしております。

主に農業を行っている作業所に出向き、個別支援を行っています。

知らない事ばかりですが、弊社が出来ることは種屋ですので品種の紹介や

栽培方法の情報提供などになります。

打ち合わせあせていただき、現状の問題点や希望お聞きし、こちらかご提案する形で進めていきます。

委託された期間は短いですので、その後もご相談あれば伺いますと言う形で

顔出させて頂いております。

難しいことも多くありますが、弊社が施設とどこかをマッチングできるような

役割も出来る様になれたらと思っておりますので、こちらをご覧の方々で

何か情報ありましたら教えて下さい。

 

 

 

2019/01/16
2019年 今年も宜しくお願いします!

昨年春から投稿がしておりませんでしたが年も変わりまして

更新させていただきます。今年は少しでも多くアップする事を目標に

頑張りますので、ご興味ありましたらご覧いただけましたら幸いです。

 

年が変わりまして、すぐに新年最初の種苗メーカー(サカタのタネ)によります

資材展示会が横浜にて開催され行ってきました。

サカタの展示会では、農業資材や園芸資材、オリジナル資材商品や

種苗の紹介や品種の青果物展示コーナーも併設され、見どころが多いです。

毎年開催される催しでありますので、趣向を凝らしたブースやコーナーが

作られています。

写真のように、資材だけでなく最新品種の青果物展示もあり、ブリーダーや

農場の担当者が説明してくれます。

サカタのタネは、大手種苗メーカーですので、レギュラー品目だけでも全国的に

導入されている品目も多く、品種展示も多いです。

ですが、一方では下の写真のように、ちょっと変わった品種の紹介もあり

展示方法も面白かったです。

数色のミニトマト品種の展示紹介や色物根菜など楽しみな品種もありました。

展示会での収穫を弊社お客様に情報提供、ご提案していきましてお手伝いできればと思います。

弊社ブログでも、今回のサカタに限らず、個々の品種や資材等をご紹介していけたらと思いますので、今年も皆様どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

2018/04/07
2018年 春野菜苗お知らせ

昼間は春めいた暖かい陽気が増えましたが

風が強く、朝晩はまだまだ冷え込みますね。

弊社の春苗は今期も10日をメドに販売を開始していきます。

まだ少し早いですが、ご予約のあまり分の苗を少量店頭にもおいて

販売しております。

家庭菜園で楽しみたい方々は今の苗ではなく

20~25日あたりにお買い求めいただき

植え付けることをお勧めしております。

ハウスやトンネル等の保温が可能な方に販売しております。

苗のチラシを準備しまして販売ラインナップがわかるようにしておりますので

お渡し致しますのでお立ち寄りに際にお申し付けください。

苗以外にも里芋や生姜、アスパラなどの生ものも販売中です。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

2018/01/06
2018年 本年もどうぞ宜しくお願いします!

新年あけましておめでとうございます。

昨年も多くの方々にお世話になりまして、1年乗り越えることができました。

ここ数年の変化のスピードは農業界においても非常にめまぐるしく

日々の対応に精一杯になっています。

変化に対応し、一歩先を行けるよう皆様のご指導のもと

努力、邁進して、お客様のお役にたてるよう

今年も1年どうぞ宜しくお願い致します。

昨年もブログ更新がまったくできておらず、反省しきりでおります。

今年のご挨拶ブログも6日になってしましまいました。

弊社は昨日1月5日より営業しております。

7日は日曜はお休みいただきますが、祝日8日より通常営業致します。

馬鈴薯や春夏野菜の新種も入荷しまして、御用意しております。

お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

(有)石川鉄造種苗店

代表取締役社長

石川 靖

2017/08/23
セミナー開催のご案内 「さいたまヨーロッパ野菜研究会から学ぶ地域農業の可能性」

久しぶりのブログの更新です。9月13日(水) 18時半から三島商工会議所 1階TMOホールで
地域農業活性化セミナーとして業界で注目されている組織さいたまヨーロッパ野菜研究会の事務局、福田裕子様をお招きし「さいたまヨーロッパ野菜研究会から学ぶ地域農業の可能性」と題して
講和していだきます。

福田様は、公益財団法人 さいたま市産業創造財団 支援・金融課・中小企業診断士であり

さいたまヨーロッパ野菜研究会の発足時から 事務局として同研究会に尽力されている方です。

イタリアンやフレンチのレストランでヨーロッパ野菜を使いたいが、

なかなか手に入れることができない、そんな悩みに2013年、さいたま市内の

若手農家たちが日本では栽培の難しい野菜もあるヨーロッパ野菜の栽培に

挑戦し、現在も成長を続ける組織が「さいたまヨーロッパ野菜研究会」です。

ここまで様々な困難を乗り越え成長を続けている研究会を、発足時から

裏方で支えてきた研究会の事務局福田裕子様をお招きし、研究会の今までの

道のりをお聞きし、組織の作りの仕組みや地域農業の可能性、地域との関わり

などのお話しを聞けます。

三島や伊豆地域などもそうですが、地方では取扱いの難しいヨーロッパ野菜。

栽培も難しく、流通でも扱いずらい。その中でも成長を続ける「さいたま

ヨーロッパ野菜研究会」の発足から現在までの歩みから地域農業の可能性を

ぜひ一緒に感じ取っていただきたい!

ご興味、お時間あります方は参加費も無料ですのでぜひご参加ください。

また、お時間あります方は講師福田様も参加しての懇親会を

広小路のRAI4で開催します。(会費制 4,000円です)

講師の福田様はせっかくの機会なのでぜひ地元の方と話したいと

懇親会を快諾してくれております。

懇親会もあわせまして、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

ご参加ご希望の方は

(有)石川鉄造種苗店  TEL055-972-1260 FAX 055-972-9394

E-mail  info@tane-ishikawa.com

までお気軽にご連絡下さい。

宜しくお願い致します。

 

https://www.facebook.com/tane.ishikawa/?ref=bookmarks

 

2017/06/27
園芸店閉店のお知らせ

平素は弊社本店および園芸店をご愛顧いただきましてありがとうございます。
このたび遅くなりまして申し訳ありませんが
弊社園芸店を平成29年5月31日を持ちまして閉店致しました。
長らくご愛顧いただきましてありがとうございました。
遅ればせながらこちらでお知らせさせていただきます。

園芸店の店舗は閉店致しますが、花事業は形を変えまして
本店の花き園芸部が引き続き運営していきます。
また本店でも花苗や切り花の店頭販売を行っていきます。
引き続きご愛顧くださいますよう宜しくお願い致します。

また花き園芸部としましては「フラワースタイルプロジェクト」という理念を
掲げまして、花のあるライフスタイルを地域の皆様にご提案して
花を楽しむ・花のあるまちづくりに貢献していきたいと考えております。
ご用命ありましたら本店花き園芸部までお気軽にお問い合わせください。

あらためまして長らくのご愛顧、誠に感謝しております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

(有)石川鉄造種苗店
代表取締役社長
石川 靖

2017/05/14
イベント出店で「たねダンゴ®」やりました!楽しくタネまき♪

ゴールデンウイークの5月1日に静岡県の函南町に
新しい道の駅「伊豆ゲートウエイ函南」がオープンしました。

縁あってオープニング期間中に出店依頼を受け
「たねダンゴ®」企画と花や種などを販売しました。

20170513-s_20170504101126.JPG

20170513-s_20170504160755.JPG

20170513-s_DSC_2017.JPG

花のタネ5種類を配合した土(どろ)のダンゴにまぶし
お客様に持ち帰ってもらいました。
おうちで種まきされていると思いますが
弊社倉庫でまいておいたものは3日後には発芽が多くみられました。
小さいお子さんがたくさん作って持って帰ってくれたので
楽しく種まきして、種をまいて育てることを少しでも楽しんでもらえたら幸いです。

20170513-s_DSC_2018.JPG
イベントでは「たねダンゴ®」だけでなく”種を楽しむ、種を知る”をテーマに
写真のような野菜の種のビン詰めや種のクイズも行いました。

20170513-s_DSC_2021_1.JPG
一つクイズです。上の写真の種は分かりますか?

20170513-s_DSC_2032_1.JPG
その他にも上の写真の「四葉のクローバー」の種の販売なども行いました。
種屋という商売、いろいろな種があることなどをちょっとは宣伝できたかなと思います。
ちなみに写真の「四葉のクローバー」の種は弊社ショッピングサイトもしくは
弊社店頭で販売しております。
ご興味あります方はお気軽にお問い合わせください。

リンクHP : 「伊豆ゲートウエイ函南」

2017/04/28
2017年 春野菜苗 種類盛りだくさん!トマト苗のご紹介

4月は夏野菜の苗のシーズンですが
今年は天候が悪く、気温も少し低かったりで
皆さんこれから苗を買われる方が多そうですね。

弊社では今年も多くの野菜苗を販売しております。
トマトやナス、キュウリ、スイカなどなど
品種も多く、どの野菜を作ろうかと楽しく選んでいただければと考えております。

種類が多く、販売する側も大変ですが
変わった野菜や、違う種類を作るのも楽しいですからね♪

そんな種類ばかり多くそろえてしまっている弊社店頭ですが
その中でもトマトの種類は一番多いです!

20170428-DSC_2008.JPG
写真の「みそら64」は、食味も良い大玉トマトです。
大玉トマトは他にも桃太郎系品種や単位結果品種、黄色品種などなど
接木・実生合わせて十数種類揃えております。

20170428-DSC_2009.JPG
写真は今期から新発売のミニトマトの「まゆか」です。
糖度と味のバランスが良く、作りやすい品種です。

20170428-DSC_2010.JPG
もう一つミニトマトで品種名は「フラガール」です。
糖度をあげる栽培方法の潅水を管理して栽培するしぼり栽培しなくても
糖度がのりやすい食味の良いプラム型ミニトマト品種です。
プランターで水をしっかりやっても美味しく食べれますので
ぜひお試しください。オレンジもあります♪

ミニトマトは一番多くの種類を置いております。
色も数種類、形もいろいろ、食味も個性があります。
数十種類ありますので是非店頭でお選びください。

他にも中玉トマトも赤だけでなくオレンジ品種もあります。
中玉も数種類販売しております。
お気軽にお立ち寄りください。

チラシもありますのでご希望の方は
メールや電話等でお気軽お問い合わせください。

2016/11/20
さいたまヨーロッパ野菜研究会視察

気づいたらブログの更新が4ヵ月ちかくできてませんでした。
いろいろあったり、新商品も発売されているので
更新しなければと思っておりましたが
バタバタしてまして、見ていてくれた方々には
申し訳ありませんでした。

久しぶりになりましたがブログ書かさせていただきます。

その前に社内人事が変わりましたのでご報告します。
平成28年8月付で代表取締役社長が変わりました。
現社長 石川 芳徳が会長職に就任し
新社長としまして私、石川 靖が代表取締役社長に就任しました。
今後とも変わらぬご愛顧、ご指導ご鞭撻いただきますよう
お願い申し上げます。

挨拶長くなりましたが今回は視察研修での話を
少し書きたいと思います。

先月埼玉で活躍されている「さいたまヨーロッパ野菜研究会」さん
トキタ種苗の農場視察に行ってきました。

20161120-s_20161101_151351.jpg

当日はトキタ種苗さんの本社で概要等の講義を
ヨロ研事務局様よりご講義いただきました。
成り立ちから現在までのプロセスは既存のJAや行政指導の部会組織とは
ちょっと違う形、人で進んでいて非常に興味深かったです。
埼玉県内の1000店以上の飲食店と取引があり、都内にも卸しているほどに
現在拡大し続けていることもわかりました。

20161120-s_20161101_163704.jpg
講義のあとはヨロ研生産者さんの圃場を見学し
栽培のお話やここまでの苦労話などを伺いました。
印象に残っているのは忙しく大変なことも増えたが
仕事が楽しい、やりがいを感じていることをお聞きしたことです。
一番大事な所だと思うので若い生産者さんが
やりがいを持って進んでいるこの組織はまだまだ伸びていくんだなと
感じました。今後も楽しみですね。

20161120-s_DSC_1527.JPG
ヨロ研さんで多く作られている野菜の一つが
写真の「カリフローレ」です。
まだ収穫ちょっと前の状態だそうです。
もう少しばらけてきてからが収穫期だそうです。
食味は茎も味よく、食感もよいのでご興味あります方は
ぜひ栽培してみてください。

20161120-s_DSC_1522.JPG

20161120-s_DSC_1524.JPG
他にも上のような変わった野菜をトキタ種苗のグストイタリア野菜や
その他にもいろいろな野菜を作られています。

夜はトキタ種苗さんにアテンドいただきヨーロッパ野菜を使った
中華料理を北浦和の中華楼さんにて食事させてもらいました。

20161120-s_DSC_1517.JPG
ヨーロッパ野菜はイタリアンやフレンチレストランなどに
限られるかと先入観がありましたが
中華で食べるヨーロッパ野菜は新鮮で、かつ料理もおいしかったです。

null

店内では青果物も並びヨロ研野菜で地域活性にも
繋がっているようで非常に有意義な視察でした。